40代の看護師の転職事情

40代看護師の転職について

近年人手不足が叫ばれて久しい看護師さんの転職市場です。 求人情報誌や転職サイト、また新聞の求人欄 などなど…。至る場所で 求人情報を目にする事も多く、まさに“引く手数多”の状態ですよね。

就職難が続く時代ですが、看護師さん達は多くの選択肢から自身に合った職場を選ぶ事ができます。 事実転職によって新たなスタートを切る看護師さんが大勢いらっしゃいますね。

とはいえ、無制限に何度も転職が出来るのかと言えば決してそうではありません。 引く手数多も20代や30代まで。40代を越える頃は、年齢制限によってはじかれてしまうケースも出てくるでしょう。

しかし、40代の看護師さんによる転職は断じて不可能な訳ではありません。 自身の価値を正しく理解・アピールする事で、思いも寄らない好条件な転職先に出会えるかもしれません。

40代のベテラン看護師さんとなると、気になるデメリットとしてはやはり 「頭の固さ」「物覚えの悪さ」などが上げられるのではないでしょうか。 面接で「自己主張の強い人だ」という印象を与えてしまうと、なかなか採用に結びつきません。

意外に思われるでしょうが、40代看護師さんの面接でアピールするべきポイントは 「キャリア」や「スキル」ではなく、「人当たりの良さ」や「順応力」なのです。 ついついこれまで積んできたキャリアをアピールしがちですが、採用側は「人柄」を見ているのです。

たしかに40代の看護師はその「キャリア」や「スキル」が最大の魅力です。 40代のベテラン看護師が採用される場合、多くはその経験や知識を評価してのものになるのではないでしょうか。 この魅力は若い看護師さんには持てない大きなメリットだとも言えます。 しかし、それ以上に懸念されがちな「自己主張の強いイメージ」や「頑固さ」を払拭する事が重要だといわれています。 面接では、これらを意識した受け答えを心がけて下さい。

20代・30代と売り手市場が続いた看護師さんの転職市場も、40代頃で終わりを迎えます。 現段階で“転職”の二文字が頭に浮かんでいるのであれば、今回が最後のチャンスかもしれません。 あなたの魅力をアピールして、チャンスをつかんで下さい。