30代の看護師の転職事情

30代看護師の転職について

“看護師”と呼ばれる様に、男女に限り無ない職業ではあるのですが まだまだ女性の多いお仕事です。そのため、女性の人生ならではのイベントも転職に関わってくるかと思います。 また、30代になると既婚か独身か、また子供がいるのかいないのかなど各々の生き方に特色が生まれてきます。

そのため、必然的に転職が必要になってくる看護師さんや、キャリアアップのために新たな挑戦を兼ねた 転職を決意される方など、一口に「転職」といっても持つ意味がまるで変わってくるものですね。

じつはこの“30代の転職”は、看護師さんの転職のなかでもベストなタイミングだといわれています。 一見、20代のような若さも無いと思いがちかもしれません。しかし定年までの長い看護師人生を思えば 「30代看護師」もまだまだ若い存在なのです。体力もあり、またこの先長く勤めていける…。 そんな可能性を秘めた30代看護師さんは大変魅力的な人材と言えるでしょう。

また、20代にはないスキルやキャリアも30代ならではの長所です。 若さと経験を兼ね備えたバランスの良いこの時期は、まさに転職にうってつけの時期なのです。

さらに、30代の看護師さんが持つ最大の魅力はその“コミュニケーションスキル”にあります。 業務での経験はもちろん日常生活での経験を積んだ 30代の高いコミュニケーションスキルは現場でも大変重宝されるでしょう。 このコミュニケーションスキルは、看護師さん同士のチームワークの為、 また患者さんとのつながりのために大変重要なポイントとなるはずです。

とはいえ、30代の看護師さんにもデメリットがあります。 上にも書きましたが、結婚や育児などの家庭の事情を持つ方が多く存在しているというポイントです。 独身であったり、まだ子育ての始まっていない20代の看護師と比較すれば 30代ならではのフットワークの重さがネックになるかもしれません。

また、30代の転職であればある程度のキャリアが問われてきます。 これまで転職を繰り返してきた看護師さんは、好条件が望めないケースもあるでしょう。