20代の看護師の転職事情

20代看護師の転職について

一概には言えませんが、一般的に離職や転職を繰り返すとキャリアに傷がついてしまうと言われています。 看護師さんに関してもそれは同じで、むやみに転職を重ねる事で自身の価値を落としてしまいかねません。

経歴上での信頼を落とさないためにも守るべきルールなのかもしれませんね。 この事から、20代での離職・転職にあまり良いイメージを持っていない方も少なくはないでしょう。

さらに、20代の若い看護師さんにはまだまだ転職の武器となる キャリアやスキルが未熟である場合が多く、転職をしたいと思いつつも なかなか踏み切れないケースも珍しくはありません。

しかし、看護師さんについてはこの常識も正しいとは限らないのです。 20代の若い看護師は体力・適応力に富み、好んで採用する病院や企業も珍しくありません。 また先の長い看護師という事で、末永く勤めてくれる可能性も秘めた若い看護師は 病院側にも大変望ましい人材といえるでしょう。

また、キャリアを積んだベテラン看護師さんの場合ですと、 新しい環境でのやり方を受け入れるのに時間がかかってしまうケースもあります。 それに対して20代の看護師さんは、新しいやり方や環境・人間関係にも 順応しやすいというメリットもあるのです。

とはいえ、もちろん20代の看護師さんであれば無条件に採用されるわけではありません。 「若さ」が孕んでいるメリットは、つまり「ヤル気」や「長い期間勤めてくれる点」、

また「順応力」「適応力」です。いくら若い看護師さんでも、「またすぐに離職してしまいそう」だと 判断されれば、採用は難しくなって当然といえるでしょう。 そのためにも、現在勤めている病院でのキャリアを少なくとも3年ほどは積んでみて下さい。

若くして転職をする、という事に負い目を感じる必要はありません。 「若いからこそ」評価される価値を存分に活かして、有意義な転職に繋げましょう。