日勤常勤看護師の仕事について

大学病院での勤務の注意点:日勤常勤看護師の仕事

キャリアアップしたい看護師さんに最もお勧めな勤務先は、大学病院です。なぜなら、大学病院と言うところは専門的な分野の研究をしているので、高度な知識や技術を身に付けることが可能だからです。

治療が困難であるために、一般的な病院で診ることができなかった患者さんが、最終的に診察や検査に訪れる場所が大学病院です。 大学病院には、最新の医療設備が整っていて、一般の病院では治療のできない患者さんも受け入れることができます。
誰でも夜勤専従看護師としてすぐに働けるの?

大学病院で勤務するためには、ある程度の技術も必要になってきます。特別に資格が必要かと言うと、そう言うことはなく、看護師免許以外の資格が必要になることはありません。 しかし、新人では採用してもらえなかったり、准看護師ではいけないなどの採用基準が、大学病院によっては定められているようなので確認が必要です。臨床経験がある程度必要とされる場合などもあるようです。

大学病院では、病院内に保育所が併設されているケースなども多く、小さいお子さんがいる方には、大変恵まれた環境が整っています。 ハードな仕事が多く、専門的な知識や技術を必要とされる仕事であるため、一般の病院に比べて、給与面でも優遇されていることが多いようです。

大学病院に勤務している方は、併設の大学の看護科を卒業している場合も多いようです。卒業して、そのままその大学病院に勤務すると言うケースです。しかし、希望すれば他大学の卒業であっても、大卒でなくても、大学病院に勤務することはできます。

大学病院での勤務を希望する場合、あまり一般の求人誌などでは求人が掲載されているのを目にしないかと思います。 そのため、日勤常勤看護師求人専門の求人サイトを利用したり、看護師専門の人材紹介会社を利用するのも一つの方法です。

大学病院に勤める場合に注意しなければいけないのは、一般的な病院から大学病院には比較的簡単に転職できるのに、逆に大学病院から一般的な病院に転職しようと思った時に、なかなか上手く行かないことがあると言うことです。

大学病院の場合、看護師数も多いため、手が回らないなどと言うことがなく、忙しく立ち回ることができない人も多いようです。 しかし、大学病院で働くことで、認定看護師や専門看護師などのさらに高い目標を持つことができ、キャリアアップにつなげて行くことができるのが魅力です。


看護師がCRAになるには

CRAは治験に関する役割を果たす職業で、臨床開発モニターとも呼ばれます。 新しい薬が世の中に出るまでには治験が不可欠ですが、CRAは治験の準備段階から関わります。 そして治験終了の手続きが完了するまでの一連の流れに携わります。

CRAになるには特別な資格は必要なく、募集している企業に応募して採用されればCRAとして働くことができます。 ただ薬や医療に関する知識があるに越したことはないので、看護師は採用に有利だという情報があります。

CRAと似た名称にCROがありますが、これは受託臨床試験実施機関とも呼ばれ、要するに治験のプロとも言える機関になります。 製薬会社が自分たちで治験を行わず、外部に委託する時にCROが活躍するのです。

看護師からCRAになるには、一度CROで勤務した経験があると実務に詳しくなるので歓迎されるようです。 ただし転職エージェンシー等でCRAを募集している場合は、CRAとしての研修を受けられる場合があります。

治験には様々な人々が携わっていますが、CRCという職種もあります。 これは主に患者サイドに立った役割を果たすもので、治験に不安を抱く患者さんのメンタル面のサポートをしたり、治験がスムーズに進むようにケアしていくのが主な仕事です。 これに対しCRAは治験が滞りなく進行するようにトータルで流れを管理するような役割になります。

薬は病気を治してくれる一方で、時折薬害が問題になることがあります。 薬によって副作用が生じたり、別の病気にかかるというケースです。 こういったことが無いように、臨床開発の必要性が大きく叫ばれるようになりました。

新しい薬は国内だけでなく、外国で開発されるものもあります。 その新薬が世界同時に発売されることをメーカーが希望する場合がありますが、日本は残念ながら新薬が発売されるまでに他国より時間がかかるという事情があります。 でもこうした事情も、CRAらの努力により解消されていくと考えられます。